撮影技術 フィールドレポート   LIST view  RSS
撮影技術会社の代表が現場で印象に残ったことなどを写真やビデオキャプチャーで綴る撮影技術日誌
(WEBへの公開は制作会社、クライアント、出演者の許諾をいただいておりますが二次利用はご遠慮下さい)
以前の記事は該当月をクリック→ 2008年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 
2016年01月 
2017年01月 

■2012年11月26日(月)  Jr.の釣結果
昨日淡路島へ釣りに行ってきたJr.の釣果です。


最大は25cmのガシラ。
釣果が上がらなかった理由は、HAPYSONを持っていかなかったから!



■2012年11月22日(木)  17インチプロンプターでの収録
先月から爆繁状態でほとんど記事がアップできていませんが、昨日の現場を少しアップいたします。
昨日はプロンプター収録ですが、オーダーは17インチプロンプターです。
いつも使っている14インチより対角で7.5cm大きいだけですが、かなり文字が大きく出ます。照明はパルサーとユニフォーカスの合計5発。照明機材は全て弊社のもので対応できましたが、技師さんには来て頂きました。やはり餅は餅屋、分業が大切です。

こんな雰囲気での撮影です。レポーターさんはプロですが、お答えいただく方は喋りが本業の方ではありません。しかし、要点をプロンプターに出すことでカメラ目線でのお話でもリラックスしていただきました。

プロンプター収録はHDW-750とPOVCAMのセットです。かなりの重量になりますが、カーボン太脚のVIDEO18で問題なくバランスできます。いつもやっている医療系のプロンプター収録現場へはちょっと大きいのでやはり14インチが便利です。

この撮影で実はカメラを3台使用しています。HDW-750とHVR-Z5J、そしてもう一台はNX30Jですが、どこに置いているか?
オロナミンCとおなじく「小さな巨人」です。

プロンプターの画像をアップします。クリックすると大きな画像が開きます。


レポーターさんがアップされた外ロケの様子です。

 

■2012年11月21日(水)  こんなリグが出来ました
小型ハンディーカム用にカスタマイズしたショルダーリグです。

もともとはHDR-CX560V用にスタートしました。

NXCAMのNX30Jがキャノンで音声が入れられるので路線を変更。空間手振れ補正も効きます。

運用時のITARIGです。(訳あってそう名付けました)

三脚への着脱はIKEGAMIのT-230というアタッチメントを使用しました。

■2012年11月20日(火)  POVCAMを16台を中継に使います
来月、実は笹邊の誕生日に面白い仕事があります。本番は誕生日の5日と7日。
ENGなどは入らずに、POVCAMです。そして一部に防水ハウジングに入れた豆カムHDも使用します。記録ために用意したメモリーは32GB/Classが32枚。

AMAZONから今日こんなものが届きました。
(Kids携帯で撮影)
そしてその前に中継で3日間東京へ行きます。けっこうタイトなスケジュールになってきました。

■2012年11月17日(土)  パナソニックのデジ用アイリスコントローラ
パナソニックのHMC-155などのアイリスをVEが操作するためのアイリスコントローラです。フォーカスとズームはカメラマンが操作するのでアイリス専用に切り替えています。

ケーブルにXLRのマイクケーブルを使用できるように変換しています。iPhone4S用のケーブルがピッタリです。

リモコン本体から出ているケーブルは太いのですが、入手したiPhone4S用ケーブルが細いので変換コネクターはリモコン本体に取り付け、運用によってリモコンから直接カメラへは温存したオリジナルのリモコンケーブルを使えるようにしました。

XLRでの運用時はこんな感じです。細いケーブルが切れる不安を解消しています。

これはカメラ側に付ける変換ケーブルです。コネクターはカメラ本体に固定できるようにしています。
アイリスはマニュアル、オートの切り替えができ、オート時はアイリス補正が可能です。メーカー純正ではないのですが、大変便利です。

■2012年11月12日(月)  VINTEN用ドライバー、大量に製作
VINTENのアタッチメント用ドライバーを大量に作りました。以前TOPのコインドライバーを切削して10本ほど作りましたが、今回は数十本。用途は・・・お楽しみ。

TOPと同様、そのままではVINTENのプレートに干渉して回しにくいので幅が小さくなるように削りました。

左がオリジナルで右が切削したもの。ほんの少しですが、これでコインドライバーがVINTEN用に変身します。

以前の記事は該当月をクリック→ 2008年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 
2016年01月 
2017年01月 

一覧 / 検索